1. ホーム>
  2. 旬のレシピ>
  3. カタハのガーリック炒め

旬のレシピ

カタハのガーリック炒め

和食のイメージが大きい塩蔵の山菜を、洋風に仕上げました。若い世代の方にも試していただきたい一品です!
※アクティブ野菜ソムリエ 小川美樹子氏 作成レシピ

材料(4人分)

  • カタハ240g
  • パプリカ1/2個
  • ブナシメジ100g
  • 海老10尾
  • ニンニク1片
  • バター20g
  • 白ワイン40cc
  • (調味料)塩こしょう少々
  • (調味料)薄口しょうゆ小さじ2
  • イタリアンパセリ適宜

作り方(料理時間20分(塩抜き時間を含まない))

  • (塩抜きの方法)塩蔵のカタハを水を入れた鍋に入れ、沸騰させる。できれば2回繰り返し、ザルにあけて水洗いする。ボールに移し替えて、一昼夜水につけて塩抜きする。
  • 塩抜きしたカタハを4cmの長さに切り揃える。パプリカはヘタと種を取り除き5mm幅の細切りにする。ブナシメジは石づきを取り除き子房に分けておく。
  • 海老は殻をむき、背ワタを取って塩を軽くふっておく。
  • みじん切りにしたニンニクとバターをフライパンで加熱して、②、③を炒め、白ワインを振り入れてさらに炒める。
  • ④に火が通ったら、調味料で味を調えて器に盛りつける。イタリアンパセリをちらして完成☆

同じ食材を使ったレシピ