1. ホーム>
  2. 食材>
  3. 食材詳細

食材

いわのり

冬に波を避けながらイワノリ採りをする風景は、奥能登の冬の風物詩。

主な産地
珠洲市、輪島市、志賀町、内灘町、白山市、小松市、加賀市
12月~2月

特徴

いわのりは、冬季に波あたりの強い岩場に生える紅藻で、本県外浦で漁獲される重要な漁獲物です。本県でいわのりとして漁獲されるもののほとんどは、ウップルイノリと呼ばれるアマノリの一種です。いわのりの増産を目指して外浦の岩場には「ノリ島」が整備されています。ノリ島とはいわのりを採りやすくするため、波あたりがよくいわのりの生えやすい岩場にコンクリートを張った造成面のことで、漁協等が管理しています。冬の外浦海域は、時化(しけ)ることが多いため、凪(なぎ)の日を選んで一斉に採集します。その採集風景は奥能登の風物詩として新聞にも毎年掲載され、絵になる風景です。

生産者の声

もずく漁師 中村 重信さん(七尾市)
海藻はヘルシーなので、酢の物だけでなく、味噌汁や雑炊にして、たくさん食べてください。

この食材が食べることができる、購入することができるお店