1. ホーム>
  2. 食材>
  3. 食材詳細

食材

アカモク

生のまま器に盛り、熱いみそ汁をかけると、絶品味噌汁のできあがり

主な産地
珠洲市、輪島市、能登町、穴水町、七尾市、志賀町、加賀市
1~5月

特徴

能登の海藻は、四季折々に多様で、約200種類が分布しており、このうち30種類ほどが食用として利用されています。アカモクは、ホンダワラ類の1種で、茎の長さが10m程になります。波静かな水深数mの岩場に生え、浮力のある気胞を形成し、海中で水面に向けて立ちあがります。海面付近まで達すると横にたなびき伸びます。2~3月頃に成熟すると実(生殖器床といいます)を付け、この実に強い粘り気があります。成熟したアカモクをさっと湯通しすると茶色から鮮やかな緑色に変化します。緑色に変わったアカモクを包丁で細かく刻んで酢醤油をかけてとろろのようにして食べると格別です。能登の里山の女性たちは、自ら採取した海藻を塩漬けや天日干し等にして保存性を高め、里山集落へと背負子で担いで行商に向かったそうです。このように、能登の海藻は、里山と里海をつなぐ貴重な「交易品」の一つだったそうです。近年は、多様のヨードやカルシウムを含んだアルカリ性健康食品として注目を集めています。

生産者の声

もずく漁師 中村 重信さん(七尾市)
石川県では、細く繊細な「絹もずく」と、強い粘り気とサクサクとした食感の「岩もずく」の2種類があります。私は主に、冬から春に、舟に乗って箱メガネで海底を覗き「絹もずく」を獲っています。海藻はヘルシーなので、酢の物だけでなく、味噌汁や雑炊にして、たくさん食べてください。

この食材が食べることができる、購入することができるお店