1. ホーム>
  2. 食材>
  3. 食材詳細

食材

ころ柿

主な産地
志賀町、中能登町
11月上旬~中旬、初冬(12月上旬~1月上旬)

特徴

中能登地域特産の干し柿で、外観は鮮やかな飴色をしており、果肉は繊維質に富んで柔らかく、上品な甘さで食味に優れています。原料柿の「最勝」は、羽咋郡志賀町において系統選抜された本県のオリジナル品種です。古くから加茂村(現在の志賀町倉垣、安津見、矢駄)と下甘田村(現在の志賀町福井、舘、穴口、火坂、二所宮、上棚、米浜)で多くの農家が、自家用に作っていました。昭和7年頃から販売用としての生産を本格化させ、生産量は昭和30年代にかけて徐々に増加しました。当時は冬期間の副業として位置付けられ、散在的に栽培される程度でしたが、昭和40年代の高度経済成長による贈答需要の増加を背景に、農地造成地などで集約的に栽培されるようになり、産地化が進みました。原料柿の「最勝」は、志賀町原産の干し柿専用品種(渋柿)であり、豊産性ですが、病気にやや弱い特性があります。干し柿は、タンニン、ビタミンC、食物繊維などを含み、特にタンニンは血液の流れを良くし高血圧を防ぐ作用があるとされています。

生産者の声

JA志賀ころ柿部会のみなさん(志賀町)
ころ柿の味の基本は甘さのなかにぴりっとした刺激と日向臭さが混じった複雑なものです。もちろん、渋い緑茶と一緒にそのまま食べて野趣あふれる風味を味わうのが基本ですが、意外な食べ方を紹介します。ひとつは酢のものにころ柿のほそ切を混ぜると絶妙の相性の良さを発揮します。食べ方として、スライスしたころ柿にバターをサンドするとレーズンバターを思わせる近代的な食味になります。ころ柿を混ぜ込んだソフトクリームも販売していますので、ぜひお試しください。