1. ホーム>
  2. 食材>
  3. 食材詳細

食材

いさざ・すべり(シロウオ)

能登内浦の川べりに登場する美しい春告魚
食通が称賛する「おどり食い」が人気

主な産地
穴水町
3月~4月

特徴

能登・穴水湾岸の川中に、この透明な小魚の群れが見られるようになれば、季節はもう春。石川県では「いさざ」、加賀では「すべり」と呼ばれますが、全国的にはシロウオの名が一般的です。三重県の「ぎゃふ」、四国徳島の「ひうお」など、地域ならではのユニークな呼び名もあり、各地で親しまれているようです。細長く透き通った皮膚に、骨と黒い斑点が浮かび上がり、いかにも可憐な姿のいさざ。その踊りはねるままをいただく「おどり食い」は春の珍味として有名です。

生産者の声

いさざ漁師 殿田 富男さん(穴水町)
いさざ漁は、毎年3月~5月の解禁時期に合わせ、産卵のため川を遡上するいさざを「ほうちょう」と呼ばれる四つ手網を使ってすくい上げる昔ながらの漁です。穴水町の伝統漁法である「ボラ待ちやぐら漁」と同じで、根気よく待つことがとても大切です。いさざは、躍り食いや卵とじのほか佃煮などにしても美味しくいただける食材です。また、穴水町では「穴水まいもんまつり“春の陣”いさざまつり」が開催(期間中)され、旬のいさざ料理のフルコースを町内の加盟店で味わうことができます。