1. ホーム>
  2. 食材>
  3. 食材詳細

食材

加賀れんこん

おろして蒸すとその差は歴然
もちもちの食感で愛される

主な産地
金沢市、河北潟干拓地
9~3月

特徴

加賀野菜の一種で、太くて節の間が短く肉厚という特徴を持つ加賀れんこん。でんぷん質が多く粘りが強いため、一般的なれんこんがシャキシャキとした歯ざわりを生かして料理するのに対し、すりおろして加熱するなどもっちりとした食感を楽しむことが多いよう。加賀料理の一品、はす蒸しは最たる例です。収穫には2つの方法があり、小坂地区では鍬で掘り土付きのまま出荷する鍬掘り、河北潟では水圧を利用して泥を流す水掘りが伝統。どちらでも品質は変わりません。

生産者の声

金沢れんこん生産組合 副組合長 米澤 哲司さん(金沢市)
世帯当たりのれんこん支出額が全国一という統計もあるほど、石川県民はれんこん好き。そのせいかおいしさにこだわる人が多いようで、やりがいがあります。れんこんの調理は意外と簡単。スライスしてレンジで3分加熱すれば、甘くて栗のような味わいが楽しめますよ。