1. ホーム>
  2. 食材>
  3. 食材詳細

食材

天然能登寒ぶり

いかづちに招かれて荒海から到来
地元の人々が古くから慕う冬の王様

主な産地
七尾市、能登町
11~2月

特徴

曇天の彼方から突如、雷鳴がとどろき、みぞれが降ると、石川県の冬の始まり。雪を呼ぶ雷は「ぶり起こし」とよばれ、寒ぶり到来の合図でもあります。ぶりは成長につれて呼び名が変わる出世魚。呼称は地方によってさまざまですが、金沢では、こぞくら、ふくらぎ、がんど、ぶりと変化します。とくに、11月から2月に定置網で揚がる7kg以上のものを「天然能登寒ぶり」と称してブランド化を進めています。寒ぶりは、余すところなく食べられるのが大きな魅力です。

生産者の声

この食材が食べることができる、購入することができるお店