1. ホーム>
  2. 食材>
  3. 食材詳細

食材

いか(スルメイカ等)

能登沿岸を群遊するスルメイカ
いか釣り船の漁火が夏夜の幻想を醸し出す

主な産地
金沢市、志賀町、七尾市、能登町、輪島市、珠洲市
5月~7月

特徴

かにや甘えびと並び、石川県を代表する魚介とされる、いか。スルメイカ、ヤリイカ、アオリイカなど通年多くの種類が漁獲され、そのうち9割を占めるのがスルメイカです。全国的にみても上位の漁獲高を誇ります。日本海を大きく回遊するスルメイカは、春から夏にかけて県内沿岸にやってきます。この群れを目当てに、日本各地から約300隻の小型いか釣り漁船が集結。釣り船が灯す漁火は、能登の夏の風物詩になっています。

生産者の声

第27長盛丸 山崎 義介さん(珠洲市)
石川県ではいろいろな種類のイカがとれますが、一番多くとれるのは「スルメイカ」です。午後に出漁し、集魚灯を点けて夜に漁をします。真夜中の漁はとても大変ですが、ピカピカのイカが釣れるとうれしいですよ。