1. ホーム>
  2. 食材>
  3. 食材詳細

食材

打木赤皮甘栗かぼちゃ

しっとりとした味わいの西洋種
鮮やかな色で料理に彩りを添えて

主な産地
金沢市
7月~8月

特徴

果皮の鮮やかな朱色、愛嬌のある円すい型。加賀野菜の一つに認定されている打木赤皮甘栗かぼちゃは、一度見たら忘れられない見た目をしています。果肉は厚く粘質で、甘みが強くねっとりとした食感。肉質がやわらかいため日本かぼちゃだと思われがちですが、西洋かぼちゃの仲間です。皮の色を生かして料理の彩りにも用いられます。代表的なメニューは小豆とのいとこ煮や鶏の挽肉とのそぼろ煮などの煮物。プリンやミルク煮といったスイーツにも幅広く使われています。

生産者の声

JA金沢市赤皮南瓜部 部会長 本野 壽一さん(金沢市)
栗のような形で果皮は鮮やかな朱色のかぼちゃ。果肉は橙色で水分が多くしっとりとした食味が特徴です。煮物やてんぷらといった料理だけでなくプリンやケーキといったデザートでも味わえます。6月上旬から出荷が始まり7月が最盛期となる彩と味を楽しめる夏野菜です。